駒澤塾:中学受験の算数・理科

中学受験の算数・理科を中心に書いて行きます。駒澤が旧字体なのは検索をしやすくするためです。

学習法と指導法

予習主義と復習主義:補足、特に四谷大塚について

3月9日の記事『予習主義と復習主義について』にコメントを頂戴しました。 本日はそれへの返信として記事を書きました。

SAPIXの復習主義:その3

その2ではSAPIXの生徒が「予習」をした場合に何が起きるか考え、先取り学習の目的で中古教材や他塾の解説資料を購入して勉強させるのは反対ですと書きました。 今回はクラスアップ目的で【授業後の「復習」にテコ入れをする】ことについて考えました。 連続…

SAPIXの復習主義:その2

その1では、SAPIXの復習主義のよる授業の魅力と、知的な発見をするというのが心躍る体験であり、御三家、難関校の合格者を輩出する塾であるというのも良く判る、というところまで書きました。

SAPIXの復習主義:その1

前回、前々回、「予習主義」をうたう四谷大塚本体と、「復習主義」を取る準拠塾との比較をしました。 予習主義と復習主義の話でSAPIXに触れない訳にはいきませんね。 なにしろ授業をプリントで行い、予習という行為そのものを不可能にしている塾ですから。

予習主義と復習主義について

予習と復習に関する話の続きです。 「予習シリーズを使う集団塾」という前提で、予習主義と復習主義のそれぞれについて考えてみました。

予習シリーズの予習って何?

四谷大塚のメインテキストは予習シリーズという名前です。 なぜ予習シリーズはタイトルに「予習」という言葉が入っているのでしょう。 予習シリーズを使う塾では授業の前に予習をしなければならないのでしょうか。

上手な質問のやり方

問題演習で「解けない」とき、生徒はそれを「わからない」と表現することが多く、たとえば先生のところに質問に行くときには「先生、この問題がわかりません。」と言います。 この質問のやり方は間違っています。 今日は上手な質問のやり方を書きます。 ご自…

叱ると褒める:その3

『叱ると褒める』について過去2回、書きました。 今日は「北風か、太陽か」という指導の方向性について考えてみました。

数の学習:中学受験後に学ぶもの

『数の学習:具象から抽象へ』の続きとして、中学への入学後に数学で勉強する事柄や、そこから派生して中学受験で方程式による解法を使うことについての意見を書きます。

ドラマみかづき、熱さと冷たさの狭間

NHK土曜ドラマの「みかづき」が最終回を迎えました。 このドラマはテーマが見る人によって変わる多面的な構成だったと感じます。 家族の崩壊と復活、受験ブームの創世期、補習塾という場所の価値、などなど。 私は登場する先生たち(特に永作博美さんが演…

数の学習:つまづくポイントと対策②

具象から抽象へ進む算数や数学の学習の話ですが、昨日は小3までで終わってしまいました。 続く小4ではいよいよ分数が小数と共に登場します。 そして見落とされがちですが同じ小4で登場する「面積の計算」が実は新しい数の概念だったりします。

数の学習:つまずくポイントと対策①

「数の学習」に限らず算数や数学の学習とは、大きく見れば具象から抽象へ進む流れです。 その学習の途中に(大人は気付きづらいですが)乗り越えねばならぬ大きな段差がいくつもあります。 今日は生徒がどこでつまずきやすいか、それを乗り越えるポイントは…

二月の勝者④【ネタばれ無し】

中学受験を題材にした漫画『二月の勝者』の第4巻が発売されました。 まだ読んでいない人も多いと思うのでネタばれになる話題は避けて、登場した学習法の話を書きます。

お子様をハグする最後のチャンスかも

学習塾で「激励会」や「出陣式」が開かれる時期ですね。 そういった集まりで並んでいる生徒たちの顔を見渡すとき、胸に迫るものが有ります。 あのフニャフニャだった子が、あのサボリ屋が、おとなの顔になっている。 今日は中学受験による成長について、思っ…

あと40日、気分を切り換える時

1月31日まで勉強に使える日はあと40日(今日を入れたら41日)です。 40日しかない? いいえ40日もある。 正月をはさんだ冬期休み、1月の学期、お尻のブースターロケットに火がついた子は、この期間に得点力がぐっと上がります。

ミスを減らすためには:鉛筆について

筆記用具は何を使わせていますか? 2Bの鉛筆? シャープペンシル? 書いている字は濃すぎませんか? 薄すぎませんか? 大きすぎませんか? 小さすぎませんか? 今日はそれらに大きな影響のある筆記用具についてです。

ミスを減らすためには:見落としの防止

生徒がしてしまうミスのひとつに「問題文に書かれた情報の見落とし」が有ります。 良く見る防止策のひとつに「大切な所に下線を引きましょう」というものが有りますが、それが出来れば苦労はしない、って気がしませんか。 今日は、じゃどうするか、という提…

ミスを減らすためには:大人がすること

ミスを減らすための方策の続きです。 ミスの数を減らすために大人はどのような手助けをできるのか?ということを考えてみました。

ミスを減らすためには:生徒がすること

「組分けテストや模試でミスを多発する。 どうすればミスを減らすことが出来るのか。」 という相談を数多く受けます。 なにしろ、このブログを書き始めた最初の日の投稿が『算数のケアレスミスの防止』というタイトルでした。 今回は続編として我々おとなが…

1問2分の時間感覚

すでに受験勉強を続けてきた生徒への指導を引き継いだ場合、私には確認することがひとつ有ります。 それはこういう質問。 「算数の宿題って4ページだったよね。 昨日(日曜)はそれにどのくらい使った?」 なぜそのような質問をするのか、という話です。

上手な質問のやり方

質問のやり方といっても、個別や家庭教師などにおける一対一の場合と、集団授業の塾で講師に質問に行く場合では異なるように思えます。 しかし、基本とすべき姿勢はどちらも同じであると私は考えます。

軌跡が逆戻りする場合、考えるカラス

直線上の円の転がり移動に関する投稿の第三弾です。 昨日の聖光学院の自転車の問題で、選択肢の(オ)や(カ)のように点が進行方向とは逆に戻る場合は無いのでしょうか。 実は有ります。 それがどんな場合なのかという話題と、Eテレのお勧め番組「考えるカ…

扇形や円の問題と図形の回転移動

おうぎ形や円の登場する平面図形の問題や、図形の回転移動の問題に関して、質問に来た生徒に指示すると自分で解法を見つけてしまうという解法の合言葉を紹介します。 例題は早稲田大学高等学院中学部の2010年(平成22年)の大問3番です。

サイコロキャラメルと全統小

サイコロと立方体の問題は中学入試でも頻出ですし、低学年のうちから慣れておくと効果の大きな単元です。 と言う訳で、今年の春の四谷大塚・全国統一小学生テストを例にして小1から小6までの各学年でどのような出題がされたか取りまとめてみました。

比の学習と分数について

小5の算数でいよいよ比の導入が近付いています。 私が、比の学習の準備として習熟度を上げておきたいと考えるのは2つ、「割合」と「分数」です。 分数とは何か。 何をしておくべきか。 今日はその話題です。 取り上げる例題は 白百合学園の2017年(平成29年…

わかった?という質問

私は集団クラスの授業でも生徒との個別対応でも「わかった?」という質問をしないよう気をつけています。 そして、本人が「ここがわからない。」と尋ねて来ても、実はわからない原因が別のところに有る場合がけっこう有り、それが対面でやりとりをする指導で…

模試の解き直しは正答率を見てから

模試や組分けテストの解き直しは、ごく一部の生徒を除いて全部の問題をやっては駄目です。 なぜなら、それらの試験は生徒の成績ができるだけ正規分布になるように難易度の構成を調整しており、0点の生徒も出ず、100点の生徒も出ないように問題を作っているの…

問題のレベルに要注意・ライジング

昨日書いたスキーのたとえ話が分かりにくいと家人から言われました。 くやしいので分かりにくい原因を考えて補完するための文章を一気に書きました。 今度はゴルフにたとえてみました。

図鑑を買おう

図鑑を買いましょう。 高価なシリーズでなくてかまいません、古本でも良いです。 読ませましょうではないです、買って並べておくだけで良いです。 図鑑的知識と関連する入試問題として 慶應中等部の2009年(平成21年)の大問4を紹介します。

苦手克服へのQC手法適用

小6の夏期講習は受検前に弱点の補強、苦手を克服する最後のチャンスです。 また小6に限らず、効率的な勉強をするというのは常に考えてあげたいことです。 限られた資源で最大限の効果を得るというのは、ビジネスで求められることと同じです。 そこで、QC…

このブログはリンクフリーです
(出典を明示して頂けるなら引用もどうぞ)。