駒澤塾:中学受験の算数・理科

中学受験の算数・理科を中心に書いて行きます。駒澤が旧字体なのは検索をしやすくするためです。

二月の勝者・Rクラスの面々

昨日に続いて第4巻までの情報だけを整理しました。
【ネタバレ無し】です。
第5巻を読む前に読んでも大丈夫です。

今日はRクラスの生徒について、情報やエピソードを整理してみました。

 

第4巻の時点でRクラスに在籍している生徒たちです。

【R:下位クラス】
福島 圭
第3巻で登場。偏差値48
たった1点不足でAからRにクラスダウンした。

大内 礼央
第3巻で登場。偏差値48
母の成美(48)は成績低下の責任を橘先生と考える。
第4巻で本人が夏期講習会で体調不良を訴える。

浅井 紫(ゆかり)
第3巻で登場。偏差値46 光花女子を志望
志望校選びのエピソードで夢が花屋さんだった話。
クラス内の成績順席次が今川理衣沙と入れ替わったことを気にする。

今川 理衣沙
第2巻で登場。偏差値45
保護者は有名女子高を手当たり次第系の設定で、
第3巻の時点ではK祥女子(63)、吉祥寺女子
本人はキャメルのブレザー制服の好みから昌川女子

武田 勇人
第2巻で登場。偏差値43
宿題をやらない。やっても解答を丸写し。
父親は中学受験に否定的。
春期講習の費用で夫婦喧嘩。課金ゲーと父。
第3巻では6月の偏差値43→48で席が3つ前へ移動。

石田 王羅
第2巻で登場。偏差値38 志望校は武蔵(64)
スマホゲームやゲームカード収集に夢中
鉛筆転がしで正解を当てたと喜ぶシーンあり。

?(苗字不明) 歩夢
第2巻で登場。競争疲れからの転塾検討。
個別を考えるも月額13万円超の見積もりにびっくり。
保護者面談で遥か上のS川女子を勧められて転塾は中止。

山本 佳苗
第3巻で登場。
本人は西洋西部女学院中の制服にあこがれ。
保護者は英語教育重視の共学志向。

伊藤 章太郎
第3巻で登場。
保護者面談で「医療系」という理由で、それまで検討に
入っていなかった東英大附属白金、日照大附属杉並を勧められる。


【所属クラス不明】
第2巻の入退出記録リスト(3月)に以下の名前が見られる。
武藤 真咲
目黒 亜蘭
矢口 花梨


【昨年度の卒塾生】
第1巻の冒頭で受験本番のエピソードで登場
森さん 昨年のトップクラス
松村くん 昨年のトップクラス、麻布で保健室受験
木下くん 昨年のRクラス生 小学大学附属を強く志望

 

昨日まとめたΩクラスとAクラス以外で登場する生徒は、私が確認した範囲では以上です。

と言う訳で、今日もちょっと私見を書きます。

私は単行本が出てから読む派なので、連載がどうなっているのかは知らないですが、Rクラスの生徒にドラマが生まれるのは2学期以降と思います。
どのレベルの学校まで届きそうか確定するのがこの時期ですから。

夏期の過ごし方で学力は大きく左右されます。
だから一学期に受ける判定テストは「参考程度」と考えるべきです。

実際、すこし前まで四谷大塚の合判のうち4月と7月のテストは
「合不合判定予備テスト」という名称でした。
そのあたりのことは、この記事で書きました。

komazawajuku.hatenablog.com

 


生徒本人にも保護者様にも現実のポジションが見えて来る2学期中盤に何が起きるか。
ネタバレになるので詳しくは書きませんが、第5巻まで読んだところで心配になった生徒が、Aクラスに二人出て来ました。

f:id:komazawajuku:20190614032005j:plain

このブログはリンクフリーです
(出典を明示して頂けるなら引用もどうぞ)。